おやすみなさいの前に一曲、または一冊。

ただひたすら自分の好きな曲と本について語りたい奴の雑記。

第二夜【No Surprises】

今日みたいな日曜日、なにもせずにごろごろしてる時ほど幸せな時間てない☺️だけど、そういう日は夜になるとぽっかりと虚無感というか罪悪感、寂しさが押し寄せてきませんか…。

さてさて。
今日は、ちゃんと曲について書きたいと思います。
…うーん、始まりからして暗い(笑)第二回からこんなんでいいのかって感じですが、今日は落ち込み気味なんでこんな感じで…。でも明日からはまた平日…。はあ…。

ということでそんな今夜は、どっぷりと落ち込むとこまで落ち込んで、明日のために眠れる曲について書きたいと思います。あくまで個人的見解です。


第二夜 【No Surprises / Radiohead
最近ハマってよく聴いてるイギリスのバンド『Radiohead』からこの一曲。
この曲の何が一番好きかって、メロディ特にイントロ。大好きなんです。こんな素敵なイントロなかなかないと惚れ込みました。優しいんですよすごく。
洋楽で英語だし…と敬遠せず、聴いてもらいたい一曲です。ここでは歌詞を和訳したり全文を載せたりはしないですが、他サイトさんで和訳を見ていただきたい。

で、かなり暗いです。
''ただただ喧騒のない穏やかな平坦な人生を送りたい''
という内容の歌詞です。もちろん、暗くて好かない…などの感想も持たれるでしょう。でも、こういう'自分の周りを取り巻く環境を全て取り払ってただ静かに生きていきたい'、と思ったこと、ありませんか?歌詞とリンクするところがあれば、すごく沁みると思います。
もちろん、周りがあって自分がいて、何も起きない日常なんてきっとつまらないと感じる時もあるし、まずあり得ない。そんなこと分かってる。それでも、現状があまりにやりきれなくて、悲しくなって、全てから目を背けてただ何もないまま生きていけたら。そんな悲しさと、どこかで救いを求める思いが込められてる気がします。

この歌詞の暗めな雰囲気と、メロディの優しさ、そしてボーカルのトム・ヨークの声と表現力。言語超えてます。聴き取れない単語ばかりだけど、落ち着くんです。
それで、どっぷりと歌詞を聴いて落ち込みましょう。そして、そのまま寝てしまいましょう。
リピートで2周目に入るあたりで眠れるとベストかも。アウトロもまたいいんです。なんて優しいんだろう。

では、今夜はこのあたりで。これから「ゆとりですがなにか」観て、寝ます。

また明日から騒がしい日常を生きていくために。

おやすみなさい。